お気に入り&日々の出来事を 綴っています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
長男のクラスで
「はる、見いつけた」という
春に関する作文を書いていました。

オオモリヤマモリ先生が
クラス全員の作品をプリントしてくださいました。


本当に2年生の子供達が自分で書いたの?
と思うくらい
すごく表現力豊かで素敵な作品ばかりで
とても感銘を受けました。

本当は全員の作品を紹介したいところだけど
私が特に好きだったごく一部の作品を紹介します。


  かえりに、たんぽぽを見つけました。
  たんぽぽをとって、いきをフーとふいたら
  たんぽぽが「風がきもちいい」と、言っている気がしました。
  ぼくは、「春だなー」と、おもいました。


  一年生は、きいろいぼうしで、かわいいな。
  「これから、がんばるぞ。」と、言っているようです。
  一年生も、あと一年したら、わたしたちのような、二年生です。
  一年生は、とても、春らしいとおもいます。


たんぽぽの文は
「風がきもちいい」の表現が
ほんわかした優しい春をイメージできて
とても好きです。

春を題材にした作文なので
ほとんどの子が花を使って書いていましたが
この一年生の文は
違う視点で書いていて素晴らしいと思います。
この子の書いている通り
黄色帽子の新一年生も春だな~。


長男の作文です。

  さくらの木の下で、お花見をしてたら
  さくらが、「みんなに、あいたかったよ。」と
  とびちりながら、言っていました。
  いい春を見つけたな。と、おもいます。
  さくらの木もうれしそうでした。


「みんなにあいたかったよ」と「いい春を見つけたな」
の表現にびっくりしました。
本当に自分で考えた?と何度も疑ってしまいました。
スポンサーサイト
2007.04.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://skbn.blog61.fc2.com/tb.php/244-50573f25
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。